デリヘルで包茎客が来た時の為にゴムは持っておいた方が良い?

2023年12月14日

Anqa / Pixabay

今回のテーマはデリヘルで包茎客が来た時に、ゴムは持っていた方が良いのか、と言う事です。
風俗には様々な客が来店しますが今回は包茎客にフォーカスをあてて色々と書いて行きたいと思います。

ゴム持参の目的とは

デリヘルと言う風俗ジャンルに限らず、風俗には色々なお客さんが来店します。
色々なお客さんと言うのはパッと見でわかる外見の色々もあるでしょうが、今回注目する色々というのはズバリ男性のペニスの色々、と言う事になると思います。
コンドーム一言で男性器と言っても、人それぞれ状態が違うものです。

ペニスをあまり見た事がない女性ですと、ペニスの違いや種類、そして状態を把握していない、知識が無い人が多いと思います。
しかし風俗では職業柄沢山のペニスを見る事になりますし、知識も自然と増えてくる物です。
今回のテーマでもある包茎と言う事について詳しくみていきたいのですが、包茎には基本的に3種類あります。
1つは完全にペニスの皮が向けている状態、2つ目は普段は皮が被っているけど興奮すれば皮が剥けると言う状態、3つ目は普段もそして興奮時もペニスの皮を剥こうとしても剝けない状態、という3つの種類が大きく分けるとあるのです。

この中で一番包茎と言われるペニスは2と3です。
そして一番気をつけなければ行けないペニスの状態が3番になります。
ペニスに皮が被っていると言う事はつまりは不衛生である、と言う事なのです。
つまり菌が繁殖している可能性がとても高いと言う事です。

ペニスが完全に剝けている状態ですと、普段から露出しているためしっかりと洗う事ができますし衛生な状態を保ちやすいです。
そして自力で皮を剥く事ができる状態も洗う事はできますし、洗っていなかったとしてもサービス前に洗ってあげたり、またはおしぼりなどで拭いて衛生的にしてからサービスを行うことができるため、リスクを軽減できます。
しかし、自力でペニスの皮を剥く事ができない状態の包茎ペニスは言わばどうする事もできないのです。
簡単に言えば雑菌だらけです。

この状態のままフェラをしたり挿入してしまうと、性病になるリスクがとても高いのです。
ゆえに、ゴムを持っておく必要がありますし包茎客にはゴムを装着する必要があると考えます。
日本という国では包茎は過半数から7割程度いると言われている比較的多いペニスの状態なのです。
つまり、来店するほとんどの方は包茎の可能性があり、皮は被っているけど興奮すれば剝ける、または普段から剥く事もできるが完全に剝けている訳ではない、あるいは剥こうとしても剝けない、と言う状態の包茎客が来店すると言う事になります。

完全にペニスの皮が剥けている衛生的な客と言うのは全体の2割程度と考えていた方がいいと思います。
20パーセントいくら知識や経験があるデリヘル嬢と言えど、初来店した客が包茎かどうかわかる、どんな種類の包茎なのか、なんて事が見なくてわかる女性はいないと思います。
包茎とは脱がせてみて初めて分かる事なのです。
ゆえに、事前にどんな客がきても対策がとれるように準備しておく必要があるように思います。

そもそもなぜ包茎客に対して用心と言いますか、警戒しなければいけないのか、と言う事も前述してきた事を考えると理解できると思います。
包茎にも様々な種類が存在するため、大きく3つに分けましたが包茎の状態や見た目は本当に客によって微妙に異なってはきます。
しかしいずれにしても包茎というのは、シンプルに言いますと不衛生でありリスキーなのです。
自分の身を守る為にも、そして性病に感染しない為にもしっかりとゴムを着用してサービスを提供して行く事をおすすめします。

デリヘルと言う風俗ジャンルは基本的にはホテルや客の部屋にて性的サービスを行う事となります。
つまり自分でしっかりと対策や準備をより一層しておかなければいけない、と強く認識しておいて下さい。

自分に出来る事

前述では包茎客について、そして包茎の状態について色々と書いてきました。

包茎とは働く女性にとってとてもリスキーである事がよくわかったと思います。
ゆえに、普段からゴムをしっかりとケイタリングしておく事がとても大切な事ですし、包茎客にはゴムを着用してもらってサービスを提供する事が自分を守る最善の手段になると思います。
この包茎と言う問題に足して自分自身が出来る事は、先ほども言いましたゴムを持っておく、そしてケースバイケースで装着してプレイを行う、と言う事と後はしっかりとペニスを見てどのような状態なのかと言う事を性格に判断し、しっかりと洗う事、と言う風に考えます。
ペニスの皮が剥けてしっかりと露出できるペニスでしたら、まずはしっかりとプレイ前に洗って清潔な状態にしてあげて下さい。

そうすればリスクは軽減されます。
ペニスの皮が剥けない場合は洗いたくても洗えない状況になるので、ゴム着用が必須になってくると思います。
客の気持ちを考えたり空気感で中々言い出しづらい場合もあるとは思いますが、自分の身を守り健康に風俗嬢をする事が一番大切なのです。
ゆえに、しっかりとケースバイケースで対応してほしいと思います。

そして、基本的に重度の包茎客や性病の客に当たってしまったときは、次回からその客をNG客にする事をおすすめします。
客があなたを気に入りまた指名する可能性もあると思います。
それはとても嬉しい事ですし光栄なことですが、やはり自分にとってリスクのある客にサービスを提供する訳にはいきません。
その辺りの線引きをしっかりとして接客に望んでほしいと思います。

特に、風俗嬢を初めて日の浅い女の子や経験が無い子、ペニスをあまり見てきていない子は、正しい判断ができない場合もあると思います。
ゆえに、色々と包茎客がいると言う事を事前に認識しておく事、加えて正しいペニスの知識と対応を事前に把握しておく事をおすすめします。
それが、結果として自分を守ることに繋がるのです。

まとめ

デリヘルで包茎客が来た時の為にゴムは持っておいた方が良い?と言う事について色々と書いてきました。
結論としては、包茎客が来たときの事を考えて事前にゴムは持っておいた方がよいと思います。
そして持っていた方が安心して接客できると思います。

包茎客とは日本には沢山存在します、そして包茎の状態と言うのは不衛生であり菌が繁殖している状態にあります。
菌ゆえに菌を貰う可能性がとても高いのです。
正しい包茎の知識を身につけて、そして対処法を勉強しておく事でそれらのリスキーな事から回避できると思います。
基本的にしっかりと客のペニスを確認して状態を察知して下さい。

そして包茎であり不衛生と感じた場合、または性病の疑いがあると感じる場合はゴムを装着するならプレイ事態を中断するなりして対処していってほしいと思います。
包茎でも剝ける場合は剥いて洗えば清潔にはなりますが、剥き方や包茎のペニスの洗い方など正しい行いを事前の講習などでしっかりと身につけておく事をおすすめします。
そしてゴムを装着すれば安心と安易な考えはもたず、あくまでどんなペニスの状態でも何かしらのリスクをつきものと思って用心しておいた方がいいと思います。
風俗嬢をしているとどうしても性病などのリスクと隣り合わせになってしまいます。

仕事だとは分かっていても、やはり自分の健康が一番だと思います。
しっかりと知識と対処法、そして経験を身につけて頑張ってほしいと思います。