大学生ならデリヘルよりもマットヘルスがバイトに向いてる

2023年12月14日

DariuszSankowski / Pixabay

大学の学費は高いです。
奨学金を借りている人も多いですが、社会人になったら返済の必要があります。
しかも返済できない人も少なくありません。

現役女子大生の中には風俗店でバイトをして学費を捻出するケースもあります。
どんな店舗がいいのでしょうか。

デリヘルよりもマットヘルス

現役女子大生が風俗店で稼ごうとする場合、デリヘルが時間の自由が効くからお勧めと言われます。
しかし、お勧めできるのは、むしろ店舗型であるマットヘルスでしょう。

理由は簡単です。
女子大生にととって有利な条件が揃っているためです。
マットヘルスの営業時間は朝から晩までと長いです。
一日中いる必要はありません。

講義終了後の夜だけでもいいのです
夜もちろん、土日限定という出勤時間でもOKでしょう。
大学生の年齢であれば、マットヘルスのプレイを習得することも難しくないはずです。

稼げます

マットヘルス店は稼げます。

マットプレイという技能を使ってお客さんへのサービスをしますから、店舗も高級店としての位置づけになるでしょう。
そのため、お客さんの客層も悪くなく、紳士的な男性が多いです。
風俗店の給料はお客さんが支払った金額の半分程度が基準です。
指名が多い女性であれば、もう少し高いし、少ない女性は低くなります。

とはいえ、お客さんの支払額が高いマットヘルスですから、平均して収入は高くなります。
風俗店も稼げる仕事と稼ぎにくい仕事があります。
どうせならいっぱい稼いで、学費などを早めに確保したいものですね。

嫌なことは拒否できます

デリヘルなどのヘルス店は、お客さんが女性を攻めることが多いです。

つまり、バストを嘗め回されたり、あそこに指を入れられたりします。
ディープキスを迫られることはほぼ当然で、精神的に参ってしまう女性も少なくありません。
しかし、マットヘルスは女性が攻める風俗店です。
男性はマットの上で女性のプレイに身を任せ、快感を堪能することになります。

そのため、体を嘗め回されたり、指を入れられたりすることはありません。
自分が嫌だと思うことは拒絶することも可能です。
ある程度の年齢になれば、そのようなことも抵抗がないでしょうが、大学生の年代だと抵抗がある女性も少なくないでしょう。

若い女性なら大丈夫です

ただ、マットヘルス店はマットプレイに不安を覚えることも多いでしょう。

しかし、この点については心配いりません。
特に学生時代に運動系の部活をしていた女子大生であれば問題ないと言っていいでしょう。
運動は苦手だったという女性もいらっしゃるでしょうが、10代後半から20代前半ですから、体が十分対応できます。
エアロビクスのレッスンを始めると思えばいいのではないでしょうか。

最初はいつも使わない筋肉を使うため筋肉痛になるでしょう。
しかし、すぐ慣れます。
30代の女性に同じことをさせるのは酷ですが、大学生の年頃なら大丈夫です。

デリヘルは危ない

時間の自由が効くからと人気のデリヘルですが、実は危険がいっぱいです。

デリヘルは店舗がないので、お客さんの自宅や指定されたラブホテルに「出張」します。
店舗型のマットヘルスであれば、万が一危険なことになったら大声を上げたりすることで助けを求めることができます。
これに対し、デリヘルはこのようなことは不可能です。
本番禁止のデリヘルですが、大きな男性に羽交い絞めにされたら抵抗はできません。

何をされても後の祭りです。

誰が呼んでいるかはわからない

電話デリヘルは事務所に電話をすることで女性を派遣してもらうシステムです。
会員制のデリヘルもありますが、必ずしも身分確認をしているとは限りません。
つまり誰が呼んでいるのか分からないのです。

最近はデリヘルが増えてきました。
それとともに利用者も増え、バイトをして比較的裕福な男子大学生も利用することがあります。
同じ大学の男子大学生が呼んでいる可能性は否定できません。
近所の方や大学の関係者であることも否定できないでしょう。

後で脅されたりすることもあり、リスクが大きいです。

マットヘルスなら事前確認できます

これに対し、マットヘルスなら事前に待合室のモニターで確認することができます。
確認してからプレイルームに入ってもらうため知り合いに合う可能性はありません。
ずいぶん安心できるはずです。

また、お客さんの中には「嫌な人」がいるものです。
マットプレイでは男性は受け身に徹するはずなのに、本番をしようとしてゴソゴソ動く人がいます。
危険で仕方ありません。
こんな人から次回指名したとしても断りたいのが心情です。

多くのマットヘルスはこのような場合「前回乱暴をされたので嫌です」といえば、断ってくれます。

ホテルの一室に一人で行く恐怖

デリヘルの場合、お客さんが指定するホテルや自宅近くまで車で送ってもらえます。
しかし、近くで降ろされたら、そこからは自分一人で対応することになります。
お金の決済やサービスの説明、そして、プレイ開始と終了の電話と緊張することがいっぱいです。

しかし、何が不安といっても、自分一人でホテルの一室に入ることが一番怖いです。
この恐怖は体験しないとわからないかもしれません。
しかし、できれば体験しないほうがいいでしょう。

目標を決めよう

現役女子大生がマットヘルスなどの風俗店で働く場合、まず自分が稼ぐべきお金がいくらかを決めることが大切です。

大学生の年代は若いので、稼ごうと思えばいくらでも稼げます。
しかし、それでは際限なく風俗の世界に入り込んでしまうでしょう。
それはちょっと問題ではないでしょうか。
最初にターゲットを明確にして、そこまで稼いだら辞める覚悟が必要でしょう。

また、大学生ですから学業が優先です。
時間調整も大切です。

最低限の勤務と収入

大学の講義は学部にもよりますが、結構遅くまで続くことがあります。
居酒屋などのアルバイトをしていると、そちらを優先したくなることもあるかもしれません。

しかし、それでは本末転倒です。
スケジュール表はあるでしょうから、それに合わせてマットヘルス店への出勤日を決めるべきです。
また、あまり出勤が多すぎると、知り合いに会うリスクが高くなります。
毎月いくら稼ぐかを決めることをお勧めします。

目標を達成したら出勤しないという程の自己規制をお勧めします。

目標を達成したら引退がお勧め

現役女子大生が風俗店で働く場合、大学卒業後もそのまま働き続ける事は少ないでしょう。
大学卒業とともにいったん引退することが多いはずです。
それならば、どこで引退するかを最初に決めることが必要ではないでしょうか。

いろいろとリスクがある風俗の仕事です。
バイトとはいえ、絶対に他人には言えないでしょう。
あらかじめ決めた目標金額を達成したら、きっぱり引退する割り切りは欠かせません。
マットヘルスの仕事は必要最低限に留めるべきではないでしょうか。

風俗店はワンステップ

ジャンプマットヘルスなどの風俗店の仕事は、自分の目標や夢をかなえるためのワンステップです。
風俗嬢として稼ぐことができる金額は半端ではありません。
自分の目標を達成するために必要な手段の一つと言えるでしょう。
ただ、それはワンステップであり、永遠に続けることを意味しません。

目標達成とともに一度引退することをお勧めします。
その後「復活」することもあるかもしれません。
そのころにはもう少し年齢を重ねているでしょう。
責任をもって自分のことを決められるはずです。

まとめ

マットヘルス店の仕事は絶対内緒にすべき話です。
しかし、マットヘルス店で働かなければ知ることができない経験もあります。
知識は一つの財産とも言えるかもしれません。

大学生としてコンビニでアルバイトをしているだけでは見ることができない世界を体験できるかもしれません。
親族には絶対内緒です。
マットヘルス店の出来事は墓場の中まで持って行く、自分だけの内緒話であることは忘れてはいけません。