マットヘルスのランカー嬢は本番とかさせてないよね?

2023年12月14日

qimono / Pixabay

風俗嬢にとって重要なことは沢山指名をとってお給料をたくさん稼ぐことであることは間違いないでしょう。
指名を取るためのテクニックは人によって様々ですが、本番が禁止されているはずのヘルス店で本番をすることによって指名を取っているという風俗嬢も少なからず存在します。
マットヘルス嬢の中にも本番することによって指名を稼いでいるという風俗嬢は実際に存在しますが、本番をすることによって指名を取るという方法はあまりお勧めできません。
この記事では本番をさせずにマットヘルス嬢としてランカー入りするためのコツをご紹介します。

マットヘルスでは本番させないと人気が出ない?

本番が禁止されているヘルス店で、お客さんに本番をさせると指名を取りやすくなるというのは事実です。
だから残念ながら多くのお店で本番をしている風俗嬢は存在します。
しかしだからといってナンバー入りしているような人気嬢が全員本番をしているわけではありません。
むしろ長期的にしっかりと稼いでいるヘルス嬢は本番をしていないことの方が多いようです。

なぜならマットヘルスで本番をするのは以下の様なリスクを伴う行為だからです。

性病の危険性が高まる

救急車当然ながら本番をすると性病のリスクが高くなります。
性病は挿入だけではなく体液が触れ合ったり膣の入り口にお客さんが持つ菌が付着するだけでもかかる可能性はありますが、挿入をすれば当然お客さんがもつ菌と風俗嬢の粘膜が触れ合う時間が長くなるのでその分性病のリスクも高まるのです。
特にコンドームをつけずに本番をしてしまうと、あっと言う間に性病にかかってしまうので気をつけましょう。

本番してくるお客さんと言うのは、色んなお店で同じように本番をしている可能性が高く、その分不特定多数の女性とセックスをすることによって性病の菌を持っている可能性が高いのです。
そして本番強要に慣れている男性は、風俗嬢を脅したりして強引に生で挿入してくることがあるのです。
性病にかかってしまうと、体調が悪くなりますし、膣が痛くなったり大量のおりものが出るなどの症状が出てしまい仕事を続けることが難しくなってしまいます。
いくら瞬間的に沢山のお客さんから指名を取ってナンバー入りすることができたからといっても、毎月のようにお休みをとっているようでは結局安定してガッツリ稼ぐことはできません。

質の悪いお客さんが集まる

今の時代はすぐにインターネットで風俗嬢の噂が広まってしまう様になっていますので、本番を受け入れているとあっと言う間にその噂が広まります。
そうなるとインターネットの掲示板などを見て「本番ができる風俗嬢」を目当てに指名をしてくるお客さんが増えるのです。
そういう状態のお客さんはたとえマットプレイを取るほど頑張ったとしても、最終的な目的が本番なのですから、本番をしないと満足をしないし指名も返してくれません。
その結果どのお客さんに対しても本番をしなくてはいけないような状況になってしまい、性病にかかるリスクが高まるだけではなく、プレイ精神的に辛くなってお仕事を続けることが難しくなってしまうのです。

お店にバレたらプレイ処分される

基本的にはヘルス店では本番行為が禁止されているため、まともなお店であれば本番をしていることが発覚したらクビになります。
本番をしていることは当然お客さんと風俗嬢だけの秘密ですが、お客さんは本番をしたことをインターネット上に書いたり、お店の人にチクったりすることがあります。
それだけならはまだ警告を受ける程度で済むかもしれませんが、時にはお店の人が忍者を送り込んできて本番を本当にやっているのかどうか調べることもあります。
お店の中に本番をしている風俗嬢がいると、性病が蔓延してお店の評判が下がってしまうこともありますし、本番目当てのお客さんを店に来ることが多くなり他の風俗嬢にも迷惑がかかります。

たとえ本番をして一人でたくさん稼いでいるのだとしても、その結果お店全体の評判が下がり売り上げが下がってしまっては大きな損失ですので、お店は本番をしている風俗嬢を発見した場合にはすぐに厳しい対処をするのです。
このようにマットヘルスで本番を行うことには多くのリスクが伴うため、たとえ瞬間的に氏名をたくさん撮って稼ぐことができたとしても、長期的に安定してガッツリ稼ぐことは不可能なのです。
人気嬢になってたくさん稼ぎたいと考えるあまり本番をしてしまう風俗嬢は結構いますが、長期的に見ればそれは自分の体を壊して稼げなくなってしまうだけなのでやめましょう。

マットヘルスでナンバー嬢になるためのコツ

本番せずにマットヘルスでリピーターを獲得しナンバー嬢になるためにはプレイ以下のようなコツがあります。

笑顔で接客する

女性 笑顔お客さんに対してしっかりと笑顔を見せることは非常に重要で基本的なことです。
逆に常に無表情だったり不機嫌な顔をしている風俗嬢に対してにお客さんがまた指名をしようと思うことはありません。
たとえ会話やプレイが苦手な風俗嬢であっても、プレイお客さんに対してしっかりと笑顔を見せて楽しい雰囲気作りをしてあげるだけでも、プレイ指名を取れる確率は圧倒的に変わってきます。

会話プレイ

風俗嬢のお仕事はお客さんとプレイをして気持ち良くさせることだと考えてしまいがちですが、お客さんは性的快感を味わいたいだけではなく女性とのコミュニケーションが楽しみたいという気持ちも持っています。

だからこそプレイの前後の会は非常に重要で、雑談をすることによってお客さんを癒すことができます。
一般的に男性と女性が会話をする場合には、女性の方が話す時間が長いと言われていますが、風俗でお客さんと会話をする場合にはできる限りお客さんの話を聞くという態度でいましょう。
そしてお客さんがどんなことを言ったとしてもそれを否定せずに肯定してあげたり、仕事の愚痴などを言えば「大変だね」などといたわってあげましょう。

マットプレイのテクニック

マットヘルスに来るお客さんは、わざわざ普通のヘルスよりも高い金額を払ってまでもマットプレイを楽しみたいと考えています。

だからマットヘルスで指名をたくさん取るために最も重要なのはマットプレイなのです。
マットヘルス嬢の中にはローションを塗ってなんとなくお客さんの上に乗っかって軽くマッサージをするだけという方も多いのですが、マットプレイを磨くことによってそれだけでも人気嬢になる可能性が高まります。
マットプレイをする時にはお客さんとの密着感を意識しましょう。
体を密着させた状態で全身リップをしたり、乳首を使ってお客さんの全身をなぞる様に刺激するプレイが人気です。

ローションローションを塗っている状態のお客さんは非常に肌が敏感になっているため、優しく触るだけでも敏感に反応するようになっています。
だから普通のプレイでは触らないような脇腹や足の裏なども刺激することを心がけましょう。

まとめ

本番をさせずにマットヘルス嬢としてランカー入りするためのコツをご紹介しました。
本番をさせることは手っ取り早くお客さんの指名を確保できる手段ではありますが、それ以上のリスクがあり、長期間働き続けることが難しくなってしまうのでおすすめしません。

マットヘルス嬢としてナンバー嬢になり長期的にがっつり稼ぎたいのであれば、お客さんの気持ちを考えてこの記事で紹介したような満足させるための工夫をしましょう。