マットヘルスはアナル舐め必須?うまいことごまかす方法ある?

2023年12月14日

smeeshane / Pixabay

マットヘルスはアナル舐めが必須と言われます。

デリヘルでもオプションコースでアナル舐めや即尺プレイがある程です。
ただ、肛門は不潔な場所であり、大腸菌などによる病気が避けられません。
いわば地獄のサービスですが、どうすればいいのでしょうか。

清潔にしよう

石鹸アナル舐めはマットヘルスでは基本サービスと言われています。

通常のヘルス店でもアナル舐めを基本コースにしていることがある程です。
肛門には神経が集中しており、ちょっと刺激するだけで性的な刺激が伝わります。
だから人気が高いのです。
性的なエステサービスではお尻は舐めないものの、ローションでお尻を刺激することがほとんどです。

徹底している店舗ではお尻の穴に指を入れ、前立腺を刺激するサービスもあります。
すぐに男性のペニスが欲情し、射精してしまいます。
アナル舐めはこんな刺激的なサービスなので人気が高いです。

しっかり洗う

お尻の穴を舐めるという行為は危険がいっぱいです。

大腸菌以外にも病原菌が多く残っています。
そのため、プレイ前にペニスだけではなく、お尻の穴もしっかり洗うことが大切です。
その際、肛門は粘膜が傷つきやすいため、自分の爪を常に切っておくことが大切です。
ペニスを洗う際に相当注意するでしょうが、肛門は穴なので単に指で洗えばいいと思いがちです。

しかし、不注意でお客さんを痛がらせることも少なくありません。
クレームの原因ですから要注意です。
とはいえ、肛門を洗う際には、ちょっと中の部分までしっかり洗うことは欠かせません。
指を入れて刺激するような感じで洗うのです。

一見男性向けのサービスのように見えますが、自分の身を守るためです。
手を抜いてはいけません。

不潔な行為は断る

ちょっと信じられない事ですが、お客さんによっては自分の肛門を洗わずに舐めて欲しい人がいます。
たた、これは常識を外れた要求なので、断固断るべきです。

お店にクレームを付けるかもしれませんが、無理な要求は断ってくれます。
むしろ、次回から出入り禁止にしてくれるでしょう。
女性によっては「頑張ってやらなきゃ」と地獄のようなアナル舐めをすることもありますが、危険すぎます。
お尻の穴には大腸菌だけではなく、他の細菌も少なくありません。

体調不良の際には自分の免疫力も落ちています。
こんな時に無理なサービスに応じてしまうと、自分が病気になってしまうでしょう。

シャワータイムは大切

アナル舐めの有無にかかわらず、シャワータイムは大切です。
ペニスにも細菌が付いているかもしれないからです。

アナル舐めをしないとしてもマットプレイでは相手の体と自分の体がかなり接触します。
これは普通のヘルス店とは比べ物にならないほどです。
そのため、シャワータイムで相手の体をしっかりとせっけんで洗うことは大切です。
マットヘルス店から無香料系のせっけんをもらえるはずです。

お客さんとの会話を止めることなく、しっかり洗う事も一つの技量と言えるでしょう。

ごまかす方法

とはいえ、できればアナル舐めを回避したいと考えるのは当然です。
しかし、案外難しくありません。
親指親指の先に唾液やローションをしっかりつけて、相手の肛門を刺激すればいいのです。

肛門の神経は入り口付近に集中しています。
そこをちょっと刺激するだけで、男性はビクッとするほど感じることも珍しくありません。
あまり刺激しすぎるものも問題です。
それだけで射精してしまう男性もいます。

うまくやれば「いい具合」に気持ちよくさせることができます。

顔を近づけて・・・

男性のお尻の部分に顔を近づけると、男性からは後ろで何をしているのかわかりません。
この際、お尻を両手で持ち、お尻の穴を広げて舐めることになりますが、その際に左手でお尻の穴を広げ、右手の親指でお尻の穴を刺激してみましょう。
これだけで男性が感じるようであれば、それでOKです。

あまり刺激しすぎると射精してしまいますから、その後のプレイに意味がなくなります。
「ここでいっちゃったら面白くないでしょう」と笑って言ってあげれば、ほとんどの男性は満足するはずです。

鏡張りのプレイルームは注意

ただ、鏡張りのプレイルームの場合は注意する必要があります。
案外男性は疑い深く、本当に舐めているんだろうかと疑問を持っていることがあります。

そんな男性は鏡で確認していることも少なくありません。
天井の鏡までは見えないことが多いのですが、左右の鏡は結構見えるものです。
顔をできるだけ男性のお尻の近くに持って行き、鏡に映らないようにすることが大切です
マットの上なので、男性は動けないはずです。

ここまですればバレる危険性はかなり低いのではないでしょうか。

効果音も立ててみよう

ここでできれば舐めている音を口で出してみるのも一法です。
自分の手を舐めてもいいでしょう。
あまり大きな音だとわざとらしいので、相手に聞こえるか聞こえないか程度の音でも十分です。

また、肛門に軽く息を吹きかけるのも面白いです。
ちょっとした刺激で感じます。
手を放して、肛門の穴をあけてから思いっきり息を吹き込むのも面白いですよ。
おならの逆襲には気を付ける必要がありますが、結構感じると喜ぶ男性がいるものです。

風俗店でしかできませんから…

このようなプレイは風俗店でしかできません。
彼女や奥さんには絶対頼めないでしょう。
万が一頼んだら殴られるかもしれません。
自分も旦那さんや彼氏にこんなことを頼まれたら怒るでしょうし、言われたくもないでしょう。

そのため、男性はお金を払ってサービスをする風俗店でお願いするのです。
これで指名が増えるならとアナル舐めを積極的にする風俗嬢がいても不思議ではありません。
現実にアナル舐めをコンセプトの一つにしたデリヘルだってあるのです。
しかし、自分が病気になったら元も子もありません。

奥さんにも彼女にも頼めません

風俗店に奥さんにも彼女に内緒で男性が行くのは、やってもらえないことをしてもらうためです。
その代表格がアナル舐めでしょう。
フェラチオを拒否する女性も少なくないので、風俗店は繁盛しています。
もちろん「別の女性」の裸が見たい、プレイしたいという気持ちもあるでしょう。

でも、それ以上に「WEBで読んだあんなこと」「AVで見たテクニック」を試してみたいと思う男性は少なくないのです。

だから風俗店

そんな男性の欲望を満たしてくれるのが風俗店です。
風俗嬢はお店から男性が何を求めて風俗店に来るのかを教え込まれます。
マットヘルス店であれば、マットプレイを魅力的だと感じる男性が多いことは当然でしょう。

しかし、多くの男性はマットヘルス店ではアナル舐めがあることをと知っています。
肛門の刺激を知らない男性も、一度アナル舐めを経験するとヤミ付きになることが多いです。
それでもう一度行ってみようという気になります。
指名が増えるわけですね。

防御がポイント

細菌ただ、先ほど述べた通りアナル舐めは危険がいっぱいです。
肛門には細菌がいっぱいであり、危険地帯であることは間違いありません。
最近、シャワー前にフェラチオをしたり、アナル舐めをしたりする店舗がありますが、女性にとっては地獄のサービスです。
そんな非常識な店舗で働くことは絶対避けるべきであり、プレイ前にはお客さんのペニスや肛門をしっかり綺麗にすることは欠かせません。

こうすることで、安全にプレイできるのです。

まとめ

アナル舐めはマットヘルス店では定番メニューと言われるサービスです。
できないと指名が伸びないと言われます。

指導員の方も絶対するようにと指導しているようです。
ただ、お尻の穴を舐めるのも舐められるのも抵抗がある女性は少なくありません。
アナル舐め以上のサービスでお客さんを引き留められるかどうかは貴女次第です。
どうしても、抵抗があってできないのであれば、お店に相談してNGにしてもらうのも一つの方法です。