セックスをするバイトって?セックスで稼げる仕事をいろいろ紹介!

2023年12月14日

「エッチなことが大好き」「むしろセックスしたい」といった方におすすめなのが、セックスをして稼ぐバイトです。大好きなセックスをしてお金を稼げちゃうなんて、おいしいバイトですよね。法律上は国内に合法でセックスができる場所はないとされていますが、実際にはセックスをして稼げるバイトは多々あります。合法ではないので、注意点も多々ありますが、ここでは、セックスをして稼ぐバイトの種類や仕事内容、お給料事情などをまとめました。

セックスをしてお金を稼ぐバイトは多種多様

セックスをして稼ぐバイトといっても、いくつもの種類があります。業種によって、お仕事の内容や得られる報酬などが異なります。不特定多数とセックスをすることで生じる問題もあるので、じっくりと検討して自分に合ったお仕事を選びましょう。

ソープランドの場合

ソープランドは、合法的にセックスをして稼げる風俗の業種です。日本の法律では、営利目的の売春は禁止されていますが、ソープは法律上特殊浴場となっています。つまりソープは浴場であり、店内で行われていることは全て、「女の子とお客さんが恋愛関係になった結果である」といった建前が適用されています。不思議な話ではありますが、この建前があるからこそソープでは堂々とセックスをして稼げるのです。なお、一般的な風俗は高校生を除く18歳以上の女の子なら働けますが、ソープに限っては20歳以上でないと働けないエリアがあります。このようなエリアでは、20歳未満の方は採用してもらえないので注意が必要です。

ソープランドの仕事内容とは

店舗型の風俗店であるソープには、店内に浴槽付きの浴室が備わっています。まずはお客さんと一緒に入浴しますが、その際にも「潜望鏡」のような、ソープならではのプレイが行われるのが特徴です。入浴後はマットプレイに移行します。専門のマットへルスを除けば、マットプレイを行っているのはソープだけです。専用のマットとローションをたっぷり使い、全身を駆使してお客さんを気持ちよくさせます。マットプレイが終わればベッドに移動してより濃厚なサービスを行います。

ソープランドの給料は風俗でも高め

ソープランドに限らず多くの風俗店では、完全歩合制でお給料を計算しています。そのため、ソープ嬢は接客をして売上を上げないと報酬が得られません。ソープの利用料金は入浴料とサービス料があり、このうちサービス料が女の子に支払われます。例えば、プレイ時間が60分で入浴料10,000円、サービス料が20,000円だったとします。このケースでは入浴料の10,000円がお店の取り分となり、サービス料の20,000円が女の子に支払われるのです。ただ、お店によってシステムはまちまちで、入浴料とサービス料を合わせた総額からお店と女の子で分けることもあります。例えば、総額が30,000円だとすると、お店と女の子で15,000円ずつ折半、といったケースも少なからずあります。このあたりはお店によって異なるので、事前の確認が必要です。

ソープランドで働くメリットはその収入の高さ

風俗にはさまざまな業種がありますが、中でもソープは高収入を狙える業種です。そのため、「とにかく稼ぎを重視したい」という方にとってソープはおすすめできる風俗の業種といえます。箱ヘルやデリヘル、イメクラなどさまざまな業種がありますが、これらのお店ではセックスはできません。一方、セックスもできるソープは数ある業種の中でも別格の存在です。それゆえに、お客さんの利用料金は高めに設定されていて、女の子に支払われる金額も高額なのです。指名やオプションなどのバックが入ることもあるので、日給60,000~80,000円以上を稼ぐことも夢ではありません。

ソープで働くデメリットはお店によっては採用基準が高いこと

ソープは、風俗の王様と呼ばれることもあります。国内で唯一、セックスができる業種だからでしょう。クオリティの高いサービスを提供しているお店も多く、それゆえに採用基準が厳しいお店も少なくありません。お店によって採用基準は異なるものの、ほかの業種に比べるとやや厳しい傾向があります。特に、中級店や高級店ともなればかなり厳しく審査されます。高級店や超高級店は、芸能人やスポーツ選手、政治家、企業経営者などが主な客層になるので、ルックスはもちろん教養なども求められます。そうした理由から、かなり厳しめの採用基準を設けていることがあるのです。

ソープと似ているようで違う「ちょんの間」

「ちょんの間」とは、かつて赤線や青線と呼ばれたエリアで営業しているお店です。法律上は料亭となっていますが、室内で性的なサービスを受けられるお店であることは多くの方が知っています。大阪の飛田新地は、ちょんの間があるエリアとして有名です。現存する最後の遊郭とも呼ばれる飛田新地にはいくつものちょんの間があり、働いている女の子のレベルが高いことから全国からお客さんが足を運んでいます。法律上は料亭なので、店内にシャワー設備などはありません。そのため、ソープに比べると衛生面ではやや心配な感じですね。プレイ時間が短いのも特徴で、だいたい30~40分が目安です。

ちょんの間嬢は裏オプで稼ぐも性病リスクが高い

基本的にちょんの間では、フェラもセックスもお客さんにコンドームをつけてもらいます。そのため「ちょんの間は性病への感染リスクが低い」と言われていますが、実際にはそうでもありません。女の子の中には、裏オプとしてゴムなしでのプレイをしている子がいます。コンドームなしでのプレイを求めるお客さんが多いからこそですが、当然ゴムなしでは性病の感染リスクは高くなってしまいます。裏オプをつけることで確かに稼ぎやすくはなりますが、それで性病に感染しては元も子もありません。完治するまではお仕事ができなくなる可能性があるので、かえって自分の首を絞めてしまいます。

摘発リスクを考えるとソープのほうが無難

飛田新地以外にも、全国各地にちょんの間と呼ばれるお店はあります。法の網目を縫ってひっそりと営業を続けてきたわけですが、近年では警察の対応が厳しくなっています。実際、これまでにちょんの間が警察に摘発されたケースは少なくありません。これからはさらに厳しい対応が予想され、より多くのお店が摘発される可能性があります。もちろん、人気の飛田新地も例外ではありません。万が一摘発されると、そこで働いていた女の子も警察から事情聴取を受ける可能性があります。長時間拘束され、家族に連絡がいくかもしれません。そのようなリスクを考えると合法的に働けるソープのほうがはるかに安心安全です。

それでもちょんの間にはメリットがある

ほとんどのちょんの間ではプレイ時間が短めに設定されています。もともとちょんの間とは「ちょっとの間でエッチなことができる」ことが由来と言われています。プレイ時間が短いので、体にかかる負担が少ないのはメリットといえるでしょう。また、一般的な風俗店ほどさまざまなサービスをしなくていいのもメリットです。せいぜいフェラやセックスくらいで、キスや玉舐め、全身リップなどのサービスはありません。お客さんによっては、サッと本番だけして帰る方もいるくらいです。短いプレイ時間ゆえに、お客さんとの会話もほとんどありません。人との会話やコミュニケーションが苦手な方にとっては、大きなメリットではないでしょうか。このように、ちょんの間ならではのメリットがあることも頭の片隅に入れておきましょう。

私はソープもちょんの間もどちらも利用したことがありますが、基本的にはソープのほうが好きですね。ソープのほうが衛生的だからです。ちょんの間はお世辞にも部屋がキレイとはいえず、シャワーも浴びられないので…。快適に働きたい方はソープのほうがいいと思いますよ。

ソープやちょんの間以外にセックスで稼ぐ方法

セックスをして稼げるお仕事はソープやちょんの間だけではありません。ここでは、ソープやちょんの間とは別にセックスで稼げるバイトをご紹介します。いろいろとご紹介するので、自分に合った働き方をして稼ぎましょう。

セックスでの稼ぎ方を詳しく知りたい方はコチラ

AV女優はセックスで稼いでいるわけではない

AV作品の中で男優と激しいセックスを披露しているAV女優。セックスで稼いでいるお仕事の一つと言えますが、厳密には少し違います。AV女優はセックスをすることで報酬を得ているのではなく、あくまでAV作品に出演した対価として報酬を得ているのです。実際、AV作品の中にはセックスを行わないものもあります。ひたすらオナニーをするだけの作品や、全身を愛撫されるだけといった作品もあるのです。このような作品においてもAV女優は出演することで出演料を得られます。

AV女優の給料はあくまでも撮影料・出演料

「AV女優の報酬はセックスの対価ではない」ということは先ほどお伝えした通りです。また、近年ではAV女優の活躍の場は広がり、さまざまな活動をする方が増えてきました。人気のAV女優ともなれば、握手会やサイン会などのイベントを行い、写真集を発売することもあります。テレビの深夜番組やYouTubeに出演することも増えていますね。このように、近年ではAV作品への出演以外の方法でお金を稼ぐAV女優が増えています。

AV女優はランクにより給料が異なる

AV女優には、企画女優や企画単体女優、単体女優などのランクがあります。最高峰と言われているのは単体女優で、1つのメーカーと専属契約を結んだうえで作品に出演します。単体女優になれば1作品への出演で100万円以上を稼ぐこともあります。企画単体女優はランク的には単体女優のひとつ下ですが、稼ぎに関しては単体女優を上回ることがあります。単体女優は1メーカーの作品にしか出演できませんが、企画単体女優にはそうした縛りがありません。いろいろな作品に出演できるので、数をこなすことで単体女優以上に稼ぐことが可能なのです。末端の企画女優はそこまでの稼ぎは期待できません。作品に名前が出ることもないので知名度を高める効果も期待できないでしょう。手にするギャラは作品によりますが、5万円を切るケースもあります。

AV女優で安定して稼ぐのは難しいかも

企画単体女優や単体女優になればそこそこ安定した高収入を得られます。しかし、企画女優では安定した収入を得続けるのは難しいでしょう。そのため、企画女優の多くは本業を持ちながら副業のような感じでAV作品に出演しています。また、企画単体女優にしても、いつまでもお仕事があるとは限りません。確固たる地位と人気を得て次のビジョンもしっかり見えているのなら別ですが、そうでない場合は急に収入が途絶える恐れもあります。今売れっ子の女優であっても、それがいつまでも続く保証はありません。常に引退したあとのことを考えなくてはならないのです。

セックスでバイトをするなら交際クラブの利用がおすすめ

交際クラブとは、出会いを求める男女をマッチングさせるサービスを提供している業者です。デートクラブと呼ばれることもあり、全国各地にお店があります。交際クラブを介してお客さんを紹介してもらうと、デートをするだけで1~2万円をお小遣いとして受け取れることが多いです。デート代もすべてお客さんが出してくれるので、女の子がお金を出すことはありません。
また、「交際クラブで知り合ったお客さんと愛人契約を結ぶ」といったことも可能です。愛人契約を結んだ場合、1ヵ月に3回程度会ってセックスするだけで毎月まとまったお金をもらえる可能性があります。契約を結ぶ相手の懐具合にもよりますが、長期の契約なら1ヵ月あたり数十万円を渡してもらえる可能性もあるのです。

安定して稼ぐためには「太パパ」を見つけるのが大事

交際クラブを利用しているお客さんの経済状況はさまざまです。お客さんは交際クラブを利用するにもお金がかかるので、お金が全くない方はいないと考えられるものの、会員間での収入の差は間違いなくあります。裕福な太パパをゲットすることができれば安定した稼ぎが期待できるので、いかに太パパをゲットできるかにかかっています。交際クラブによっては、富裕層のお客さんしか登録できないようなところもあるので、そのようなお店を利用するのもよいかもしれません。

愛人契約を結んだとしても罪に問われることはない

民法では、公序良俗に反するような契約は認められていません。そのため、愛人契約も合法とはいえず、仮に相手が契約を履行してくれなかったとしても、訴えることはできないのです。ただ、合法ではないといっても、罪になるわけではありません。あくまで男女間のことなので、そのことを理由に逮捕される、拘留されるといった心配はないのです。もちろん、お金を払ってくれるように強要した、脅迫したとなると、相手のお客さんから訴えられてしまう恐れがあるので注意が必要です。

最近のトレンドは「パパ活」

パパ活という言葉を耳にしたことはないでしょうか。「金銭的な援助をしてくれるパパを見つける活動」「パパとデートをしてお小遣いをもらう活動」などを略して、パパ活と呼んでいます。基本的に、パパ活も自由恋愛の一種と考えられているので、警察にバレたところで逮捕されるリスクはありません。ただ、女子中高生がパパ活をしてしまうと、補導されてしまう恐れがあるので注意しましょう。

パパ活はセックスなしでもある程度稼げる

お客さんの中には、女の子との肉体関係を求めていない方もいます。純粋に女の子とデートをしたい、若い子と楽しくお喋りしたい、といったお客さんも一定数いるのです。このようなお客さんをパパにすればセックスをすることなくお小遣い稼ぎができます。ただ、実際には女の子とエッチなことをしたいお客さんが多くを占めているのも事実です。「エッチなことはあまり興味がない」と言っていたにも拘わらず、いざ2人きりになった途端に豹変するような方もいます。肉体関係を持たずに稼ぐには、とにかく相手の方を楽しませてあげなくてはなりません。そのためには、高度な会話術やコミュニケーション力も求められるでしょう。

実際にパパ活でもらえるお手当は1回5万円程度

あくまでこれは目安です。特定のパパと定期的に会うケースでは、これくらいの金額がひとつの目安といえるでしょう。実際には、5万円も稼げない方もたくさんいます。パパの経済力や、女の子の魅力も大きく関わってくることを忘れないでください。

交際クラブはお客さんは登録時に身分証明をしているので安心

お客さんだけでなく、女の子も登録時には身分証を提示しなくてはなりません。そのため、交際クラブで紹介してもらえるお客さんは身元がしっかりした人ばかりです。交際クラブによっては、身分証だけでなく年収を証明する書類を提出しなくてはならないところもあります。本人による自己申告だけではプロフィールに記載する年収が本当かどうかわからないからです。このような交際クラブなら一定の年収を得ているお客さんが利用しているので、裕福な方を見つけられそうですね。

出会い系サイトでパパ活をするのは危険

出会い系サイトやアプリを利用している人は身元がはっきりしません。ほとんどの出会い系サイトやアプリでは年齢確認のために身分証の提示を求めていますが、それ以上の確認はしていないのです。つまり、どのようなお客さんが利用しているのかわからないので、そのようなところでパパ活をするのは常に危険がつきまといます。もしかすると、反社会的な方や薬物中毒者などが利用者に紛れ込んでいるかもしれません。女の子から逆にお金を詐取しようとしている人が利用している可能性もあります。

交際クラブを利用するなら運営がセッティングしてくれるサイトを選ぶ

このような交際クラブなら、希望するお客さん像を伝えておくと、運営スタッフがデートをセッティングしてくれます。いろいろなお客さんのプロフィールを見ながらアプローチの方法を考えずに済むので、効率的に素敵なパパが見つかるかもしれません。

交際クラブで初デートをゲットするならプロフィールを練る

男性会員は、女性会員のプロフィールを見てデートを申し込むかどうかを決めます。そのため、初デートをゲットできるかどうかはプロフィールの出来次第で決まるといっても過言ではありません。まず、プロフィールに顔出しは必須です。顔がわからないことには自分好みの女の子なのかどうかもわかりません。顔出しすることに抵抗があるのなら、一部分だけモザイクをかける、手で隠すなど工夫しましょう。また、いかにもプロっぽい自己紹介はNGです。最初からお金目当てだと思われると、お客さんは引いてしまいます。素人っぽい子、初々しそうな女の子を多くのお客さんは求めているので、あからさまな感じをプロフィールで出してしまうのはNGです。

私も交際クラブはよく利用しますが、デートを申し込む子を選ぶときは顔出ししている子から選びます。最近では顔写真に加工をしている子も多いですが、あまりにも不自然な加工をしている子は外していますね。自然な感じの顔写真のほうが、お客さんウケはいいと思いますよ。

それ以外にセックスで稼ぐ方法はリスクが高い

ソープやちょんの間、交際クラブ、パパ活などセックスで稼ぐ方法はいろいろありますが、これら以外にも稼ぐ手段はあります。ただ、ここでご紹介した方法以外は、様々なリスクが高いのであまりおすすめはしません。

ありがちなのがデリヘルでのセックス

デリヘルで本番行為をするのは禁止です。これはどのデリヘル店でも同様で、お店がお客さんとのセックスを容認していることは絶対にありません。ただ、実際にはお店には内緒でお客さんとセックスしているデリヘル嬢はいます。追加でいくらかのお金をもらいセックスをするのです。ただ、これはお店にバレると解雇される可能性があるので注意が必要です。

場合によっては罪に問われる可能性も

女の子が勝手に本番行為をしただけなのに、お店が罪に問われる可能性もあります。その結果、お店が警察の摘発を受けて潰れてしまうかもしれません。そのようなことになると、あとから莫大な損害賠償を請求される恐れもあります。さまざまなトラブルのもとになるので、デリヘルのお客さんとセックスをするのはやめましょう。

性病になるリスクも跳ね上がる

ただでさえデリヘル嬢は性病に感染してしまうリスクがありますが、セックスをしてしまうとリスクがさらに高まります。性病に感染してしまうと、完治するまでお仕事を休む羽目になり、収入が激減してしまう恐れもあります。

私は過去に何度かデリヘル嬢から本番を持ちかけられたことがあります。性病などが怖いのでこちらからお断りしましたが、実際にこういうことがあるんだなー、と驚きました。デリヘルで本番をしてしまうとネットで噂になってお店に知られる可能性もあるので、やめたほうがいいですよ。

まとめ

ここまで、ソープ、ちょんの間、AV、交際クラブ、パパ活、デリヘルなどいろいろな業種を紹介してきました。セックスで稼げるお仕事はいろいろありますが、安全かつ稼ぎやすいのはソープや交際クラブが挙げられます。交際クラブは、お客さんの経済力によって得られる収入が異なるので、それを考えるとソープのほうがいいですね。高級ソープで働ければ、日給10万円以上も夢ではありませんよ。ぜひトライしてください。